2013
05.02

今現在の手法

Category: FX全般
あれこれとインジケーターが増えすぎて混乱してきたので、
簡単でわかりやすい形に変更しました。

(15分足)
http://gyazo.com/05eacccb57b191fe0deedb951c40369e

(1時間足)
http://gyazo.com/d32e0ab6fa72027fe39246152baca1d8

緑・紫・青のゾーンは、それぞれ、東京・ロンドン・ニューヨーク
の時間帯をカバーしていて、それぞれの高値・安値を示しています。
色がかぶさっている所は、2市場が同時に動いている時間帯です。

このゾーンですけど、東京時間の上下の値幅を常に意識しています。
どの通貨でもいいのですが、東京時間の値幅が、50pips以上動いているときは、
その後のロンドン・ニューヨーク時間では、往々にして動きの振れが小さい
ことがかなり多いです。そんなことも、頭の片隅に置きながら、
値動きを追っています。

また、左上の「残り時間」は、表示画面の分足(時間足)の残り時間を
カウントダウンしています(これは便利)

これらの表示はこちらのブログを参考にさせて頂いています。
【FXのメンタルトレード術を極めるぞ】
http://www.fxmentaltrader.com/


基本のテーブルは、マーフィーさんのスパンモデル。
これに、ボリンジャーバンド(2σ、21本線)を乗せています。

あと、抵抗線・支持線の目安として、ピボットを見ています。
結構な確立で、この線を意識した動きが多い気がしますね。
ピボッドは、1分足から30分足まで表示設定してあります。

オシレーターは、ストキャスだけ。
1分足から30分足までは、12.3.3.
1時間足から月足までは、24.6.6.

それに、120本移動平均線(SMA)を1分足から4時間足まで乗せて、
日足だけ、200日移動平均線にしています。
このラインは、以前のブログでも書いたけど、
色々な場面で、抵抗線・支持線の目安として役立ちます。

エントリーのタイミングは、1時間足で動きを常に監視。
1時間足のローソク足実体と雲の関係で、
雲に潜り込んだら(今日の場合は下押し)押し目・戻りが始まったと判断。

15分足に移ってエントリーのタイミングを待つ。
その時、120本移動平均線の上か下のどちらに
ローソク足実体があるか、雲との位置関係を常に意識。

15分足の実体が雲に入り込んだ後、雲をどちらかに突き抜けても(今日の場合は下抜け)、
日足トレンドに変化が見られない限り、日足のトレンドと同じ方向でエントリー待ち。

15分足の雲から、ローソク足の実体が日足のメジャートレンド(今日の場合は上抜け)
に抜けたらエントリー。

その時、ストキャスの位置も見ながら、
クロスして30・70のラインを抜けていることを意識。
(絶対条件ではないけど、上向きに抜けていること)
ボリバンの21本線とローソク足の実体の位置関係も常に意識。

利食いは、1時間足ボリパンの2σと、ローソク足の動きを見て
動きが止まりそうだったら利食い。でも、かなり裁量が大きくて、
早すぎるときもあるし、我慢してKeepするときもあります。

トレンドに乗ってスイングで長く保有したいと考えていますので、
買い増しなどのポジション調整のスキルを身につけたいと考えています。

損切り幅は少し広め(40-50pips)。
15分足のスパンモデル、雲の下限のライン(上抜け、買いエントリーの場合)の
10pips下に置きます。

リスク・リワードの比率にもよりますけど、
1:2以上であることが理想で、エントリーの時には常に意識しています。


こうして、自分の手法を文章にして形で残しておくと、
自分のルールが視覚を通して確認できるので、
失敗したときの反省点の基準になるのでいいですね。

将来的には、手法は適宜変わるのが普通だと思いますが、
この形は今は結構気に入っています。

ちなみに、上に添付した画像ですが、今現在の一時間足EUR/USDです。
ここ二日間の爆上げで、調整の下落が入っていると判断します。
(日足のスパンモデルでは、買いサイン継続中)

また、この後の目線ですが、1時間足のストキャスが大分収縮してきていて、
いずれクロスして上に抜けると見込んでいます。
その時の15分足で買いエントリーのタイミングを図ることとなります。

最後に、日足ベースで今後予想されることですが、スパンモデルからわかることは、
ここ数日中に、先行スパンの上下がねじれると思われるので、
その時点でトレンドが明確に転換、ユーロが上昇する方向で監視しています。

http://gyazo.com/a52ba927815f16c9c475baef926807e9
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://bordermalaysia.blog107.fc2.com/tb.php/17-c4afec7c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top