--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.27

120単純移動平均線の威力

Category: FX全般
騙されたと思って、
120単純移動平均線をチャートに載せてみて下さい。

分足・時間足に関係なく、
きれいにトレンドとレジスタンス・サポートの
役割を果たしていると思いませんか????

(日足だけは鉄板の200日移動平均線にしています)

特に、1分足・5分足では、このラインを抜けると、
そちらの方向にしばらく走る傾向が強いです。

1時間足・4時間足では、このラインがトレンドを表し、
レジスタンス・サポートとして機能している場面がとても多い気がします。

なぜ、120本の移動平均線かというと、以下の計算を根拠としています。
数値の収まり具合がなんとなくきっちりしているので、
目にしていて、心地のよさがあります。

特に、1時間足・4時間足については、
一週間の稼働日である5日、月の平均稼働日である20日に近いので、
週・月ベースでの相場の大局観を見る上でとても有効だと考えています。

1分足x120=120分=2時間
5分足x120=600分=10時間
15分足x120=1800分=30時間
30分足x120=3600分=60時間=2.5日
1時間足x120=120時間=5日
4時間足x120=480時間=20日

テクニカル分析全般について言えば、数値などの設定や読み取り方は、
それぞれ個々人の感覚で解釈していくのがいいと思います。

自分的には、このラインというのは、
かなりの部分で、今後もトレンド判断基準の一つとして、
将来も活用していくつもりでいます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://bordermalaysia.blog107.fc2.com/tb.php/11-51457780
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。